水道・電気・ガス・電話・車・郵便局・住民票などの引越し手続きを詳しく解説♪

引越し手続き&引越準備手順ガイドは、当サイト管理人による経験を基に、引越し時に必要となる「手続き・準備」などを具体的に、分かりやすくまとめたサイトです。

人生の中でほとんどの人がそれほど多くは経験しないイベント「引越し」。

また一口に引越しといっても「大学進学、就職(新社会人)により一人暮らしを始めるため」、「転勤のため」、「結婚のため」など、人によって引っ越しをする理由はさまざまで、それぞれの思い、ドラマがあり、1つとして同じ引越などありません。

しかし引越をし、新しい生活を始めるためにはいくつかの手続きや準備をしなければなりませんが、ほとんどの人が引っ越しをそれほど頻繁にするわけではありませんので、引越しに伴う手続や準備について何をすればいいのか?どのような手順で行えば良いのか?が、分からない場合が多いのが現実のようです。


そこで当サイトの管理人である私は、宅建取得者(宅地建物取引主任者)として不動産屋さんでも働き、引越をされる方を多く見てきましたし、個人的に色々な街に住みたいことから、約10年間で6度も引越しをした経験や知識を基に当サイトを作成、運営しています。

引越しする理由は人それぞれですが、多くの場合、新しい生活が始まり、希望に満ち、これからの生活にワクワクしている方が多い思います。そのような方に、引越しをスムーズに終え、1日でも早く新しい生活を楽しんでもらうために、当サイトの情報が少しでもお役立てになれば幸いです。

当サイトでは引越しの手続き方法について、またそれに伴う準備について、正確に記載するように努めていますが、当サイトに記載してある情報の正確性についての全てを保障するものではありません。また当サイトを参考にして起こった結果については一切責任を負いませんので、あくまでも参考程度にご覧いただければと思います。

別いいんだけど…というプチ不満付き引っ越し体験

「別いいんですが…」という前置きをつけたい程度の小さな不満なのですが、そういった「プチ不満」付きの引っ越しをしたことがあります。引っ越し料金自体は、相場なりの料金でしたし、全体的には不満はないのですが、しかし小さい不満としてはあげればいくつかありますね…。

おそらく、大手引っ越し会社といっても、引っ越し作業をおこなうのは、ロボットではなく人間ですから、やはり結局は「引っ越しの善し悪し」は、作業員によると思うのです。

要するに、「良い引っ越しだったなぁ」と思うか、その反対なのかは、引っ越しを担当してくれた引っ越し作業員の人の対応次第だと感じますね。そして、私は一度、あまり良くない引っ越し作業員に当たってしまったのです。

引っ越し業者案内らくるネット

いつも利用している単身者用の引っ越しサービスを利用したわけですから、そのプラン自体に問題があったわけではないでしょう。しかし、先にも述べている通り、小さい不満がいくつかあるなんだか後味の悪い引っ越し体験になったのです。

 

まず一つ目が、トイレを使われたことです。「トイレ貸してください」と言われて断れなかったということもあるのですが、なんとなくイヤだなーとは思いつつ貸しました

他には、対応が無愛想だったのもイヤでしたし、夕方で疲れていたのかぶっきらぼうでの対応は感じ悪かったです。まあ、取るに足らないことかも知れませんし、クレームを言うほどのレベルでもないのですが、なんとなくイヤだった引っ越しでした。

 

メリットが多いおまとめローン

既に複数の業者からの借り入れがあって返済に追われていると言う方、おまとめローンを検討してみませんか?

毎月の返済を複数業者に行っているといつかパンクしてしまうもの。

それだけに完全返済を確実にするためには早めの対処が必要なのです。

おまとめローンの魅力は何と言っても毎月の返済が軽減されるということで、例えばこれまで3社から借り入れを行っているとして、それぞれに毎月8千円ずつ。つまり月々2万4千円を返済していたのが、おまとめローンを利用することで1社への返済のみとなり、月々1万5千円で済むようになるのです。

さらにおまとめローンの場合は総支払額の軽減にも繋がり、支払いすぎている利息を低くすることが出来るのです。

これも例えばキャッシング業者からの借り入れが18.0%の利息であったとします。

おまとめローンなら銀行系ならば10%程度の利息とすることも出来ますし、大手キャッシング業者でおまとめローンを行うという場合でも15.0%ほどですので、かなり利息の軽減にも繋がります。

このように、複数業者からの借り入れが既にあるという方は、今すぐにでもおまとめローンを利用しませんか?

総支払額も毎月の返済も軽減することが出来ますので、ぜひ一度相談してみると良いでしょう。

審査に落とされることもあるおまとめローン

おまとめローンというのは多重債務を解消するための手段となっていますが、誰でも利用できるわけではありません。必ず審査落ちという方出てしまうので、審査に落とされないような対策を取らなければなりません。特に重要な部分として挙げられるのは安定して返済できる環境を持っているかです。多重債務をしているということは返済能力がないと判断されることがあり、それが現実としてあり得ると思われれば審査に落とされてしまうのです。

お金を沢山借りて多重債務を1つにしたいと思っても、返済能力がなければ利用することはできません。またあまりにも金額が高すぎると判断されれば融資額が減らされます。キャッシングと同じように駄目なら駄目と言われてしまう部分がありますので、出来る限り返済能力を持っているように見せることが必要となります。おまとめローンの場合は虚偽の記載もできないため、収入を偽るなんてことは絶対にしないでください。

利用出来れば債務は1つとなり、後は借りた会社に返済を続けていればいいだけです。纏められるかどうかが焦点となりますので、審査を受ける際は注意しながら行ってください。場合によってはもう少し債務を減らしてから申込みをするといいかもしれません。

複数社の返済に困ったらおまとめローンが便利

複数の会社のキャッシングを利用していると、借入れの返済が困難になってくる場合があります。3~4社も借入れしてしまうと、資金管理だけでも大変になってきます。借入れの数が多いと頭の中の整理ができ難くなって、返済期日を忘れてしまったり返済が疎かになってしまいがちになります。 また小額の借入れを複数の会社ですると利息の負担が大きくなってしまい、益々返済が困難になっていきます。キャッシングの金利は借入額が小さいほど高く、大きいほど低くなります。なので小額を複数の会社で借りるのは、一番利息の負担が大きくて非効率な借入れの仕方となります。 そこで複数の借入れを1社にまとめ直せば、利息負担が軽減されて返済しやすくなります。おまとめローンにするときは会社側と相談して無理なく返済できるような返済方法を決めるので、今までの借金の悩みから開放されます。 おまとめローンには銀行系と消費者金融系があります。銀行系は借り入れ限度額が高く利息が低い傾向があり、数字上はやや有利な印象があります。ただ消費者金融系は返済方法に対して柔軟に対応してくれるので、相談しやすく利用しやすいという特徴があります。またいくらおまとめローンが便利でも、審査に通らなければ利用できません。審査についても消費者金融系の方が通りやすい傾向があるといえます。おまとめローンを利用するときは自分の状況や条件もよく考慮して申込む必要があります。